日本語・日本文化教育センターが提供する日本語教育について

 京都に留学し、既に日本語環境にいる留学生の皆さんは、日本語について相応の知識をもっていることでしょう。本学では、様々なバックグラウンドをもった多くの留学生が学んでいます。日本語の必要度についても、研究室での使用言語は英語で十分という場合もあれば、日常の日本語が必要であるという場合、更には学問分野において高度な日本語能力が求められる場合まで多様です。学習履歴も、完全初級者から、日本滞在の経験があり日常会話は理解できるという人、母国で相当な学習経験のある学部生等まで様々です。
 その一方、本センターの行った調査では、文系・理系、学部・大学院、正規生・非正規生を問わず、ほとんどの留学生は日本語学習が不可欠なものと意識し、自らの日本語運用能力の向上を志向しています。しかしながら、母語から離れた環境で経験する言語運用への諸制限は、時には意思伝達や情報入手にまで困難をきたし、不安やストレスの原因ともなりかねません。在学中、安心して勉学・研究活動に専念できるよう、まずは自身の日本語の得手不得手を客観的に把握し、着実にレベルアップできる授業・講座の選択が肝心です。
 京都大学国際高等教育院附属日本語・日本文化教育センターでは、本学の留学生を対象に、(1)全学共通科目・日本語科目の授業と(2)課外の日本語学習支援講座の2種類の日本語教育を行っています。(1)の全学共通科目・日本語科目は、初級Ⅰ・初級Ⅱ・中級Ⅰ・中級Ⅱ・上級の5つのレベルより構成されています。一方、(2)の課外の日本語学習支援講座には、日本語入門コース、中級講座、上級講座、ビジネス日本語が含まれます。

(1)全学共通科目・日本語科目の授業 初級Ⅰ・初級Ⅱ・中級Ⅰ・中級Ⅱ・上級の5つのレベル
(2)課外の日本語学習支援講座 日本語入門コース、中級講座、上級講座、ビジネス日本語

 (1)(2)とも、前期は4月から8月、後期は10月から2月まで行われます。授業の履修(聴講)・講座の受講登録は、年2回(3月と9月)WEBからオンラインで受け付けます。履修(聴講)・受講希望者は必ず必要な手続きを行ってください。手続きについて相談がある場合は、全学共通科目学生窓口(国際高等教育院1階)に問い合わせてください。

身分別履修登録の流れ